臨済宗 最明山松林寺の紹介

松林寺について

善来老師は、禅の素晴らしさを世界に広げるために日夜努力しております。現在、国際座禅道場を建設する計画を進めています。松林寺では、国際座禅道場を建設するための土地を約1000坪取得しました。おぶせ温泉の隣の好立地に温泉と座禅を楽しむリゾート地を目指しています。小布施の観光名所の一つに、一般方も気軽に参加できる座禅道場を作ります。禅寺といえば、厳しいイメージが先行しますが、それは、僧侶の修行の場合です。座禅は、無の境地を感じ、心身ともに健康で素晴らしいものにするためのトレーニングです。

 

座禅道場(座禅体験コースの開講のお知らせ)(一般の方歓迎します)

松林寺では、一般の方向けに「座禅体験講座」を開催しております。

座禅体験 1時間コース

1グループ 10名まで

時間は、予約制です。

参加費は、お茶代込で  1000円

コース内容 (1時間コース)

座禅30分

禅についての説法及び座談会 30分

※事前にご予約ください。小布施の観光コースの一環としてご利用ください。個人の方、旅行会社の方でも歓迎いたします。最大10名程度ですが、大人数の場合はご相談ください。

※ 座禅体験コースに参加の方へ 服装は普段着で結構です。

協賛 小布施文化観光協会

予約電話番号 090-9137-9682 担当 安財(あんざい)

 

 

 

国際座禅道場について

地図国際座禅道場建設予定地

現在、松林寺の東側の土地に国際座禅道場を建設する予定にしています。すでに約1000坪の土地は取得済みです。

開祖 善来老師の紹介

yamagishizenrai山岸善来 老師

九州博多・聖福寺(しょうふくじ)修行道場の指導者。松林寺を創られることを決意し、平成10年に、博多・聖福寺を去り、生まれ故郷の信州まで約1,000キロを辻説法しながら行脚して帰郷する。

小布施でははじめ廃車のバスに住まわれ、その後長くプレハブ住まいが続き、今日の落慶の基礎を築かれました。

 

「お寺の数がだんだんと減っていく現代、この年齢 で新しいお寺を創ろうなんて大バカ者は私ぐらいです。でも人間の本当の幸せとは何か、と坐禅して追及してゆく道場ができたと思っています。松林寺には檀家 はないし、建立のためにたくさん費ってしまいましたので私の財産もほとんど残っていません。だけど坐禅のとき、肩をピシリと叩く樫の警策(けいさく)だけ は100本以上ありますから、どうぞ皆さん坐禅しに来てください。」

それが山岸善来老師の松林寺への思いです。

yamagishizenrai001善来老師

大正15年 須坂市横町出身 男五人 女一人の六人兄弟 四男坊
昭和12年 先祖菩提の為 得度 出家 臨済宗妙心寺派にて修行を重ねる
昭和48年 禅寺の発祥の地である 福岡県福岡市博多区の聖福寺に入山
昭和50年 晋山式を経て第百三十二代目の住職となる
平成  7年 開創八百年遠諱を盛大に行う
平成  9年 須坂市新田の松林寺の再興を決意し下山
平成24年 小布施の地に松林寺を建立
     4月28日 86歳の誕生日に開山落慶法要を行った。 

 

博多・聖福寺のホームページ

 

座禅教室の案内

座禅を楽しみたいという方に、予約制ですが、座禅教室を開催します。

一般の体験コース以外に、時間、日時などご相談いただければ対応します。

※事前予約が必要になります。

yamagishizenrai002座禅教室

予約 090-9137-9682
担当 安財(あんざい)まで